野菜の栽培エコアーズ, 自給菜園豊作倶楽部,ECOA Newsletter ,

クマ出没、夜間外出禁止令

クマ出没、夜間外出禁止令

いつも当メルマガを愛読頂きありがとうございます。
菜園ライフクリエィターの森下です。

我が家ではここ当分、夜の外出禁止令を発布しています。

先日クマの話をしましたが
もっと写真が見たいという方のために
下記のブログにて写真をアップしておきましたので

[[こちらからどうぞ>http://ecoa.in/blog/index.php?QBlog-20120927-1]]

これから11月までの雪が降るまで
クマが人里に現れる時期になるのです。

北海道のヒグマは大きくて怖いです。
どのぐらい怖いかといえば
 、、、
※動画で確認ください。下段に記載

-------------------------------------------------------------- 
クマはご存じのように冬は冬眠します。
冬眠に入る前にたっぷり食べて、体に脂肪分を
蓄えるわけです。

気候の異変によって、山に食べ物がない場合
人里に下りて農家のトウモロコシや果樹類を
食べつくしてしまう厄介者です。

何より困るのは人里に平気に入りこんで来ることです。
ここ5、6年前からたびたび人里に進出
してきだしました。

クマの出生が増えて、縄張り争いから敗れたクマが
追い出され新たな場所を住処にするということです。

また一端人里に現れてリンゴやナシ、トウキビ等
おいしいものに有りつくと、必ず翌年も出没すると
言われています。

昨年は当地には、確認されただけで5頭ほど現れた
わけで、そのうちの2頭を捕獲しました。

ハンターに聞いた話だと、近年クマが異常に増えており
一年間に650頭程、捕獲しているとの事でした。

なるべく山に戻すようにしていますが
もはや恐怖で夜も外出はできない
期間が今の時期といえます。

隣の果樹園では、農場の周りに今年電気柵を設置して
クマ対策をしました。

--------------------------------------------------------------
ところでクマは何時活動するか知っていますか?

夜、動き廻っているのです。
暗くても目が見えるみたいです。

昨年近くで出たのは8時から10時ごろに
目撃しています。

道路を横切って行ったのですが
牛のようにデカかったです。
それが先の写真のクマです。

もちろん車で追跡したのですが
果樹園の方に逃げていきました。
 
--------------------------------------------------------------
昔は良く山菜取りに山奥に入っていきましたが
クマ出没騒ぎから最近はほとんど行かなくなりました。

山は動物の住処として、人間と棲み分けして
お互い領分を侵さないという暗黙の了解がある
わけです。

しかしそのバランスが乱れてきているようです。
クマをはじめキツネやタヌキ、アライグマまで
人間に近づいて生活するようになりました。

--------------------------------------------------------------

コメント



認証コード8824

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional